flier(フライヤー)の時短読書が素敵過ぎる。

:2020-07-28

一冊10分で本が聴ける!?

本を読みたいけど、時間がないんだよなあ。

通勤のスキマ時間を使うといっても、歩きながら読むのは危ないよ。

なんか素敵な方法、ないかなあ。。

そんな方法、実はあるんです。

ということで、今日は私がひたすら使っている時短読書サービス。

flier(フライヤー)について紹介していきます。

flier(フライヤー)ってなんだ?

flier(フライヤー)は良書のまとめ記事が読める時短読書サービスです。

読み終えるのにだいたい4~6時間かかるビジネス本が、

flier(フライヤー)ならなんと10分前後で読むことができるんですね。

通勤時間などのスキマ時間を活用して知識が得られることもあり、

特に忙しいビジネスパーソンに広く浸透しています。

私の友人もめちゃくちゃ利用してます。もちろん私もですよ。

ワタシ シゴト シテナイケドネ・・・(かなしみ)

しかしそんな素敵なflier(フライヤー)ですが、一番の特徴はまた別にあります。

なんとflier(フライヤー)は、

そのまとめ記事を音声コンテンツで聴けるのです!

まさに一石二鳥!いや三鳥くらいあるはず。。

ホリエモンの問題作だって聴ける

たとえば今年4月に発売された堀江貴文さんの『理不尽に逆らえ』。

これもflier(フライヤー)で読めます。というか聴けます。

実際に私も、普通に読めば数時間かかるところを、

10分ちょっと聴き流すだけで要点を掴むことができました。

私は本を読むのがなかなかに苦手なのですが、

音声コンテンツなので自然と頭に入ってきました。

もちろん聴き流しながら別の作業もできますよ。料理しながらとか。

ほんとこれって鬼のようなサービスだと思いませんか?

でも、お高いんでしょ?

これはflier(フライヤー)の契約プラン一覧です。

フリープランは無料ではありますが、いつでも固定の20冊しか読めません。

なので有料コンテンツを読みたいのであれば、月に読みたい冊数に合わせて選ぶといいでしょう。

ゴールドプランの2,000円も一見高そうですが、

実際に本を買えばだいたい一冊か二冊分くらいの料金ですし、

今登録しちゃえば初月無料なので間違いなくお得です。

flier(フライヤー)まとめ

flier(フライヤー)はビジネス本を一冊10分で聴きながせる、

鬼のように利便性の高いサービスです。

この記事をご覧になられた方は、ぜひ一度flier(フライヤー)をお試しください。

今ならゴールドプラン2,000円が初月無料ですよー。

flier(フライヤー)登録するならコチラから

以上、KU(くー)でした。

-日常
-,

関連記事

七原くんと将棋と私。

コロナの影響で コロナの影響もあり、というかあってもなくても基本的に家の中にいる私は、 この一週間を振り返って結局月曜と水曜しか家から出なかった。 流石にちょっとやばいかなーとは思うけど、 だって暑苦…

続きを読む

プロフィール

プロフィール

プロフ画像

宿主のKU(くー)です。

このブログでは私が体験した副業についてや、日々想うことなどつらつら書いています。簡単に読めるのでみんな見ていってね。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031